ネックレスをプレゼントするには選び方が重要になる

華やかな印象を与える

シーンによって使い分ける

ジュエリー

ネックレスは男女問わず身につけるだけで気軽におしゃれを演出することができるファッションアイテムです。ネックレスは首飾りであり、華やかで美しい印象を与えることができます。人気の理由として挙げられるのが種類の多さです。その中でも真珠のネックレスはどのようなシーンでも活躍するため、女性なら持っていて損はないアイテムとなります。真珠は高貴な印象を与え、上品なファッションを楽しむことができます。また、イヤリングやピアスと合わせたネックレスを使用することによって、ファッションに統一感が出ておしゃれ度がアップします。カジュアルやクール系など様々なファッションには金属でできたネックレスが合います。金属製のネックレスは先端にハートや十字架、星など数多くの種類のモチーフがあります。その中から気分やファッションに合わせて選ぶことができるため、若い世代にも人気があります。また、値段もリーズナブルな物が多いため、学生でも手に入れることができるのが人気の理由の一つです。ダイヤモンドが埋め込まれたネックレスも人気があります。美しく輝くダイヤモンドは、ファッションをより一層華やかに演出してくれます。また、有名芸能人が自身でプロデュースして身につけているネックレスや、ドラマで使用されたネックレスは話題性があり、人気が出ることがあります。パワーストーンが使用された開運ネックレスもあり、おしゃれを楽しみながら運気を上げることもできます。

いつまでも綺麗に保つ為に

ジュエリー

アクセサリーの手入れというと難しい、面倒くさいという印象を持たれがちですが、実際にはそれほど難しい作業や特別な道具は必要ありません。基本的に必要なものは汚れを落とすためのガーゼやクロス、それに劣化させないように正しく保管すれば、買ったときのような輝きや美しさをいつまでも保つことも可能です。まず知っておきたい手入れ方法の基本ポイントですが、ネックレスはつけたら必ずガーゼやクロスで軽く汚れを拭き取りましょう。ちなみにネックレスをつけたままお風呂やプールに入るのは厳禁です。どんな素材であっても水の中に入れている時間が長ければ長いほど劣化したり汚れが溜まってしまうものです。これと同じように、汗をかいた日や雨で濡れてしまった日はただ拭くだけでなく、少しぬるめのお湯で汚れを流し落とした後、柔らかなガーゼやクロスで水分と汚れを落としましょう。しっかり拭いたからと言って、すべての水分を拭き取れるわけではありません、テーブルの上などで少し乾かしてから箱の中にしまうことをオススメします。しまう時に注意すべき点はネックレス同士を同じ場所にしまわないことです。チェーン同士がからまってしまうと金属の劣化につながるだけでなく、からみあって外すのにかなりの時間がかかってしまう事態にもなりかねません。なので、しまうときには専用のボックスやトレーなどに入れておくのがおすすめですし、できるなら日光の当たらない透明でないケースにネックレスを収納するのが良いでしょう。

素材と長さを知る

ジュエリー

首元を彩るアクセサリーとして有名なネックレスは、指輪のようにサイズの調整などが必要なく、気軽に装着できることからも人気が高いです。しかし、ネックレスと言っても素材による違いやチェーンの長さ、各デザインで違いが出てくるので、自分にピッタリのアイテム選びのためにも基本的な知識を知っておくことも大切です。ネックレスの素材はスタンダードなシルバーに華美なゴールド、さらにプラチナやレザーといった様々なものがあります。他にもニッケルやパラジウムといった素材を使った合金もあり、加工のしやすさや流通の点から安価で販売されています。シルバーが最も加工しやすく普及しているので、デザインにおいてはこれ以上のものはありませんが、自分にはレザーが向いているなど人によって好みもあるので、一通りの素材に触れてみるのも良いかもしれません。チェーンの長さによってネックレスの呼称は異なり、短いものからチョーカー、プリンセスにマチネー、オペラ、ロープと5つに分けられています。カジュアルに見せるならチョーカーですが、ブラウスやドレスを着たときに映えるのはプリンセスです。最もスタンダードなのはこの2つですが、ネックレスは首の長さや太さによって似合うものが異なってきます。首が太いと短いタイプのチョーカーでは窮屈に見えてしまうので、マチネーやオペラなどを考慮します。また、細くて長い人だとボリュームのあるネックレスを付けるとバランスが良くなるので自分に合ったものを探すようにしましょう。